社会福祉法人たからばこ




宝箱放課後くらぶリュック 高瀬理沙 社会福祉士合格

Q.資格取得を目指そうと思った動機
A.日々利用者さんやご家族と関わっている中で、何か尋ねられたり相談を受けた時に答えられない経験がありました。それで、何か知識を身につけて利用者さん及びご家族に還元出来たらと思い勉強することにしました。実際勉強してみたら年金の制度の事とか自分自身のタメになる情報が多くて、勉強してよかったと思いました。

Q.資格を活かしてこれから頑張りたいと思うこと
A.資格を取得するにあたって得た知識は、実際活用していかないと忘れていってしまうものだと思います。学んだことを日々の関りの中で振り返って、資格だけ残って知識が薄れていかないように人に伝えられるように頑張りたいと思いました。

Q.働きながら勉強する人へのアドバイス
A.いかに効率よく勉強するかが肝となってきます。私に合う勉強方法は、YouTubeの動画で教科ごとにまとめられているのがあるので制度の全容を掴んで、あとは問題を解いて知識を入れる作業をしました。模擬試験は受けることを勧めます。自分に合った勉強方法を見つけてください。参考になればうれしいです。





Q.資格取得を目指そうと思った動機
元々福祉とは無縁の分野を専攻していたので、福祉の知識が全くないままこの業界に入りました。入社三年を経過した辺りから、福祉についての必要最低限の知識を身に付けたいと思うようになり、また今後の更なるスキルアップに繋がると思い資格取得を目指しました。

Q.資格を活かしてこれから頑張りたいと思うこと
A.介護福祉士に向けての学習の中で学ぶことは主に介護のことですが、中には障がい分野にも共通することや学びを活かせるものもありました。資格を取得したことに満足せず、学びを活かしていけるよう、学んだことを振り返りながら日々の業務にあたりたいと思います。ゆくゆくは多岐にわたって学びを深め様々な資格取得を目指し、自己研鑽に励みたいと思います。

Q.働きながら勉強する人へのアドバイス
A.私自身長期にわたって勉強をすることがあまり得意ではないのですが、勉強法としてはスマホアプリの「介護福祉士 過去問集」を帰宅して家事を一通り終えてから30分弱ほど解いていました。いろんな範囲を一気にやろうとすると中々頭に入らず集中力も持たないので、1つの範囲を重点的に解き、わからなかった問題は最後にすべて分かるようになるまで繰り返し解いていました。一通り解けるようになったら次は参考書の大事そうなところにアンダーラインを引き、ひたすら読んで覚えました。1日の勉強時間をあまり確保できなくても、充分勉強できたかと思います。





プラン柳川 児玉諒

Q.資格取得を目指そうと思った動機
A.相談支援員として精神疾患を抱えた利用者さんやご家族に関わらせて頂く機会が多くあります。これまでのソーシャルワークの視点に加え、心理に関する専門的な視点を得ることでより理解を深め、よい関わりや支援ができるのではと思い公認心理師の資格取得を目指しました。

Q.資格を活かしてこれから頑張りたいと思うこと
A.まだまだ自分には知らないことやわからないことばかりです。資格を取得したことで、基礎的な知識が得られたり参加できる研修が増えたり学びを深めていくための基盤ができたのかなと思います。同じ環境や疾患であっても実際に関わるのはひとりひとり違う方なので、知識で固めず学びから広げていけるようにしたいです。

Q.働きながら勉強する人へのアドバイス
A.私は計画的な人間ではなく、枕元の参考書を横目に「あー今日も勉強しなかった…」と思いながら寝る日々を過ごしていたので、アドバイスできる立場ではないのですが。働きながらの勉強は実際の経験と結びつけて考えられることがあり、覚えやすく残りやすいように思います。おすすめです!